トイレの水漏れ修理は事前のチェックや準備が重要

キッチンや浴室の水漏れも大変ですが、一番気が動転してしまうのはトイレ 水漏れという非常事態です。キッチンの蛇口や浴室のシャワーから水が漏れても、排水口から外に流しだせるので室内の被害はほとんどないでしょう。しかしトイレの場合は場合によっては他の部屋まで水浸しになってしまう恐れがあります。一刻を争う事態ですから、すぐに日ごろからチェックしておいた専門業者に修理を依頼するのが得策です。

■よくあるトイレの水漏れ原因と修理

トイレの水漏れはおおむね4つの原因があります。第1に給水管の接続部分からの漏れです。よくある原因は接続部を固定しているナット自体かパッキンの破損です。自力でできそうな場合でも専門業者に依頼するほうが安心です。第2に水の流れを制御する止水栓自体の故障です。トイレで水トラブルがあった時には必ず閉めるのですが、これ自体が劣化すると本来の役割を果たせません。このケースでは家全体の元栓を閉める作業も必要な大掛かりな対応が必要なこともあるので素人作業は困難です。
第3に、水が溜まったタンクと便器の間をつなぐパイプの劣化です。接続部分のナットが壊れたりパッキンが破損していたりする場合もあります。複合的な原因で漏れる場合もあるので、パイプだけでなくナットやパッキンも交換することが望ましいです。第4にトイレタンクの配水系部品が故障して水が溢れだす現象です。タンク内部にあるオーバーフロー管の異常や、ジャバラホースが何らかの原因で外れているといった原因もあります。原因が分からない状況なら、一刻も早く業者に連絡することが被害を最小限にします。

■目立たないトイレの水漏れこそ迅速な修理が必要

水道管や継ぎ目から明らかに水漏れしている場合は発見も早いのですが、やっかいなのはいつのまにか水が漏れてじわじわと床を湿らせていくようなケースです。新しいのに便器本体や便器と配管系統の接続部から水が染み出る場合は、取り付け時の作業ミスも考えられます。ある程度年数が経過しているのであれば、便器自体の亀裂や破損もあり得ます。給水管との接続部に緩みやパッキン破損がないのであれば、便器本体やタンクをすべて取り外して点検する必要も出てきますが、本体の重量はかなりありますし感電する恐れもあります。再設置にはそれなりの技術や経験が必要ですので、信頼できる水道やトイレの専門業者に依頼することが重要です。
トイレの床が濡れっぱなしだと床自体が劣化します。床の強度が落ちてたわんだりすると、便器の歪みが生じて他の場所からの漏水も起きる恐れがあります。ここまで被害がひどくなっている場合は、トイレ本体の修理だけでなく、トイレの床のリフォームを同時にやることが快適な暮らしにつながります。

■まとめ
トイレの水漏れは原因がある程度決まっていますので、想定される原因と応急対策などを知り、メモしておくことが大切です。頭の中に入れておいたつもりでも、突然トイレの漏水に見舞われるとパニック状態になってチェック項目や応急措置を思い出せないこともあるでしょう。また応急措置はあくまで臨時的な対応にすぎませんので、基本的にはあらかじめチェックしておいた信頼できる水道やトイレ専門業者に抜本的な水漏れ修理を依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ