水漏れ修理が不可能な時のトイレ交換の注意点

トイレで水漏れトラブルが起きると大変です。漏水の程度次第ではトイレだけでなく部屋中が水浸しになってしまうこともあります。基本的には応急措置をしたうえで、早急に専門業者に水漏れ修理を依頼することになりますが、原因次第では修理ができず、トイレの交換をした方が迅速に解決することもあります。トイレはいずれ壊れるものですから、長年使用するのであれば、使用限度が来るまでにトイレを買い替えるための予算を組んでおくことが賢明です。

■水漏れ修理が不可能ならトイレ交換

トイレの水漏れ修理が不可能な状態であれば、トイレの交換が必要になります。選び方にはいくつかの留意点があります。第1にトイレの排水方式を知っておくことです。一戸建て住宅の場合はほとんどが床排水方式です。マンションなど集合住宅は大抵の場合便器の背後に排水管が来ている壁排水方式です。この違いは決定的なので合致する方式のトイレを選ぶことは大前提になります。
第2に、一般的なタンク付きトイレにするかタンクレストイレにするかの選択になります。トイレが狭い場合は比較的空間が広くなるタンクレスが向いています。ただ建物の仕様次第では配管が不可能な場合もありますし、古い機種の場合はトイレの水圧が低いと使えないケースもあるので確認が必要です。第3に便座の機能選択が大切です。瞬間暖房機能、多機能洗浄、自動点灯ライトなど機能満載の機種もありますが価格は高くなります。本当に必要な機能かどうかを吟味することが大切です。

■トイレ完全リニューアルなら水漏れ修理は不要

トイレはほぼ毎日使う場所ですから設備は劣化しますし、床や壁の内装も傷んだり汚れたりします。修理できない状態になりトイレの交換をする際には、トイレ全体を完全リニューアルするという選択もあります。一時的にコストはかかりますが、長い目で見れば総費用は安くなることが多いです。
古い便器を取り外して新しい便器を設置する工事の際には水漏れの原因になる床フランジという部品を交換することをお勧めします。フランジが劣化していると床も傷んでいることが多いので、そういう場合は床全体を張り替える決断も必要です。最近は耐水性、柔軟性、温かみのある製品など自由に選べます。壁紙も一新すれば気分も上がります。車いすでも直接トイレに入れるようにバリアフリータイプにリフォームすることもできます。自治体によっては要介護認定を受けている場合は、設置費用に対する補助金を支給するところもあります。良心的な水道修理の専門業者であればこうした情報は周知していますので相談することが大切です。

■まとめ
トイレが壊れて水漏れの修理も不可能な状態になると冷静な判断ができなくなり、最適なトイレ交換の選択に失敗することがあります。そうならないためには自宅のトイレの排水方式を把握しておくことが最重要となります。タンクレスにするかどうかはトイレの広さにもよるのであらかじめ確認しておくとよいです。多種多様な機能の便器がありますが本当に必要な機能に絞って候補を決めておくと無駄な出費が防げます。長期的な視点に立てば、トイレ全体のリフォームやバリアフリー化を想定することも利点は多いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ